新陳代謝低下の原因

低体温は健康にも美容にも悪い

低体温は体温が35度以下の体温で、低体温が続くことで様々な症状が現れます。低体温の状態では血流が悪く新陳代謝の低下、免疫力の低下に繋がることから風邪をひきやすくなったり、様々な病気を引き起こします。 また、血流が悪くなることで肌のくすみの原因ともなり美容にも悪影響があり、この低体温の症状を改善に役立つのが温活です。 温活とは体を温めることで、体が本来持っている力を高め健康や美容に役立てようというものです。温活をすることによって血流が促進され、新陳代謝や免疫力が向上し健康にも効果がありますし、美容効果も期待できます。体温が1度上昇するだけで免疫力が向上するという研究結果もあり、温活は効果の高い健康や美容方法です。

自宅で温活をする方法とは

温活方法には食事や運動、入浴や衣服を利用する方法があります。 食べ物ではまず温かく消化の良い物を食べるのが基本です。また、冬に旬を迎える食べ物は体を温めるといわれています。食材としてはよく知られているショウガ、黒豆やひじき、ニンジンやカボチャなどの色の濃い食べ物も体を温める効果があります。 運動をすることで血流を促進させ体を温める効果がありますし、筋肉は熱を作るためにはとても重要で筋肉量を増やすことで低体温が改善できます。 また、入浴や衣服によって下半身を温めるのも効果的です。半身浴を体を温める上で効果的ですし、靴下などで下半身を温めることで低体温の改善に繋がります。 このように、日頃から温活をすることで健康や美容に役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加