仕事による疲労

肩こり解消には、姿勢が何よりも大事。

パソコンを使う時、肩こりに悩まされているという人も多いことでしょう。 仕事などでは長時間使わざるを得ず、慢性的な肩こりになりがちです。 簡単な解消法は、姿勢に気を付けることです。 パソコンと目の距離が近すぎる人が多いようですが、ディスプレイまでは40cm以上離れて下さい。 視力が悪くて近付きすぎることもあるため、自分に合ったメガネやコンタクトレンズを付けるようにしましょう。 また、椅子には深く腰掛け、足の裏全体を床に付けましょう。 足は組まないようにして下さい。 そうすると自然に上体が伸び、正しい肘の角度を保つことができます。 肘の角度が悪いと身体に負担がかかり、肩こりを招きます。 常に正しい姿勢を意識すると良いでしょう。

有効なストレッチ方法。

スマートフォンの長時間使用も、パソコンと同じく肩こりを誘発します。 解消するには、同じ姿勢を長く続けないことです。 下を向いたり寝転んだり、どのような姿勢を取る場合でも、適度にストレッチを挟みましょう。 手軽にできるストレッチ方法は、両腕を上げることです。 この時、腕は耳にピッタリ付けて下さい。 数秒間その姿勢を取るだけでも、肩こりがいくらか解消されたと実感できるでしょう。 さらにその姿勢から、片方の肘を押さえ、ゆっくり脇を伸ばして下さい。 肩甲骨全体をほぐすことができ、痛いけれど気持ちの良い感覚があるはずです。 肩こりからは片頭痛が誘発されるなど、別の病気となることもあります。 マメなストレッチで肩こりの解消に努めて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加