笑顔の女性

仕事による疲労

肘の角度が悪いと身体に負担がかかり、肩こりを招きます。そのため、しっかりと正しい姿勢にすることが大切になります。また、スマートフォンの長時間利用も肩こりを誘発するので、適度にストレッチを挟みましょう。

注目の療法

温熱療法ではがん細とを戦う自然治癒力もアップさせることが出来るすばらしい療法です。しかし、場合によっては心臓疾患を抱えている方や出血性の症状のある方など、避けたほうがよい場合もあります。

新陳代謝低下の原因

低体温の状態では血流が悪く免疫力の低下に繋がることから風邪をひきやすくなったり、様々な病気を引き起こします。 そうならないためには、食事や運動、入浴や衣服を利用する方法があります。

話題のカプセル

スポーツ選手が利用した事で話題に

酸素カプセルとは人間一人が入れるカプセル型の機器で、内部の気圧を加圧する装置を備えています。カプセル内部に居ると肺胞が酸素を取り入れる効率が良くなり、血行促進や疲労回復、怪我の治療などに効果が期待できます。 スポーツ選手が捻挫や骨折など外傷の治療に利用していて、それがメディアで取り上げられる事で注目を集め一般にも広まりました。 より効率的に酸素を体内に取り入れるため、酸素充填機を備えた酸素カプセルも登場しています。また、特殊布製のソフト酸素カプセルは折り畳み可能のため、家庭用も販売されており、自宅で手軽に利用する事が可能になっています。従来の金属や樹脂で構成される機器よりも場所を取らず価格も半分程度で購入しやすいのも魅力です。

酸素カプセルの利用方法

酸素カプセルは加圧装置のついたカプセル状の機器に入って利用するもので、専門のサロンやバーの他にも設備の用意された整骨院などが存在します。医療行為ではなく健康器具として扱われるため、病院やクリニックでなくても利用できます。 酸素カプセルの利用方法は簡単で、トイレに行って排泄を済ませた後に水分補給をし、耳抜きをしてからカプセル内に入ります。気圧が上昇する為、飛行機での移動時のように鼓膜に違和感を感じてきますので、それを防ぐための耳抜きです。 また、全身に酸素を効率よく取り入れるために、締め付けの少ないゆったりとした格好が望ましいです。 準備が終わったらカプセル内に横たわり、リラックスして過ごします。終了後は減圧のため、数分間待機する必要があります。

オススメリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加